石川県で不妊症、生理痛、アトピー、ニキビなどでお困りの方は漢方相談の中村固腸堂(なかむらこちょうどう)まで。
明治初期より続く、漢方相談の専門店
漢方のチカラで、皆さまの健康を支えます
お問い合せ

ご相談予約
ご相談は必ずご予約をお願いいたします
初めての方はお電話でお問い合わせください
営業時間9:30〜18:30 定休日月曜、祝日、第2・4日曜 石川県河北郡津幡町加賀爪ヌ58-2 津幡警察署すぐ
明治初期より続く、漢方相談の専門店
漢方のチカラで、皆さまの健康を支えます
お問い合せ

ご相談予約
ご相談は必ずご予約をお願いいたします
初めての方はお電話でお問い合わせください
営業時間 9:30〜18:30 / 定休日 月曜、祝日、第2・4日曜
石川県河北郡津幡町加賀爪ヌ58-2 津幡警察署すぐ
HOME 不妊症 不妊症/体験談 皮膚疾患 皮膚/改善例 ブヘサブログ お店の紹介 ご相談について 取扱い漢方薬・商品 健康コラム 薬膳レシピ 漢方のFAQ
お客様の声
検索  
営業カレンダー

健康コラム 22/213

Vol.193 風邪のウイルスと戦ってくれる「剣」の役割「板藍根(ばんらんこん)」 〜予防として日常生活に取り入れられる利便性〜

夏から秋への移行は、陽から陰への変化。自然界は陽気盛んな時期から、収めて貯蔵する時期になります。特に冬から春(陰から陽)、夏から秋(陽から陰)への時期は体のバランスが乱れやすくなります。

この時期心配なのは流感。子どもは朝起きたらくしゃみ、鼻水、喉が痛いと言い出します。女性は生理前・生理中に抵抗力が落ちやすいので、余計に風邪をひきやすくなります。菌やウイルスは常に私たちの身の周りに存在しているので、体が弱っている隙に侵入します。

そこでおすすめしたいのが「板藍根(ばんらんこん)」。お茶として飲むと、菌やウイルスが放出する毒素を中和してくれます。小さなお子さんや高齢者のいるご家庭、受験生など、日々の生活に取り入れると流感にかかるリスクがぐんと下がります。風邪をひいてからだけでなく、ひかないように「予防」として日常的に使えるところが板藍根の魅力の一つ。
予防には「板藍根」、喉が痛く熱っぽいなど感じたら「天津感冒片(てんしんかんぼうへん)」と覚えておくと、風邪は怖くありませんよ!

まれに、「板藍根を飲んでいるけど風邪をひいちゃった」という方がいますが、板藍根の働きは体質改善ではありません。 例えるなら、ウイルスと戦う「剣」です。体の防衛力が低下しているなら、 鎧を身に着けなければいけません。鎧とは体質改善のこと。風邪をひきやすい人の体質改善のポイントは肺。代表的な処方は「衛益顆粒(えいえき かりゅう)」。肺の気を高めて皮膚粘膜を強化することでバリアUPをはかりましょう。

漢方基礎編
生薬について
子どもと漢方
皮膚について
婦人科について
頭痛,めまい,耳鳴り,難聴
鼻の症状,咳
食養生,薬膳
風邪,流感,花粉症
腰痛,神経痛,痺れ
冷え,低血圧,むくみ,ほてり
胃腸トラブル,便秘,痔
目のトラブル
季節の養生法
不妊
産後のトラブル・ケア
不眠,心のトラブル
生活習慣病
老化,尿トラブル
リビングかなざわへの質問
その他
お問い合せ・ご相談予約
各種ご相談は、お電話にてご予約頂ける他、当WEB サイトよりオンラインでのご予約をお申し込み頂けます。
お一人ひとり、より丁寧にお話しをお聞きするお時間を取りたいと思いますので、必ずご予約をお願いいたします。
また、初めてご予約される方はオンライン予約を受けつけておりませんので、お電話にてお問い合わせください。
カレンダーにてご案内致しておりますので、ご予約状況をご参考のうえ、ご予約ください。
076-288-3721
メール オンライン予約フォーム 営業時間 9:30〜18:30 /定休日 月曜、祝日、第2・4日曜曜
© 2015 Buhesa Nakamura Kocyoudou. All Rights Reserved.