石川県で不妊症、生理痛、アトピー、ニキビなどでお困りの方は漢方相談の中村固腸堂(なかむらこちょうどう)まで。
明治初期より続く、漢方相談の専門店
漢方のチカラで、皆さまの健康を支えます
お問い合せ

ご相談予約
ご相談は必ずご予約をお願いいたします
初めての方はお電話でお問い合わせください
営業時間9:30〜18:30 定休日月曜、祝日、第2・4日曜 石川県河北郡津幡町加賀爪ヌ58-2 津幡警察署すぐ
明治初期より続く、漢方相談の専門店
漢方のチカラで、皆さまの健康を支えます
お問い合せ

ご相談予約
ご相談は必ずご予約をお願いいたします
初めての方はお電話でお問い合わせください
営業時間 9:30〜18:30 / 定休日 月曜、祝日、第2・4日曜
石川県河北郡津幡町加賀爪ヌ58-2 津幡警察署すぐ
HOME 不妊症 不妊症/体験談 皮膚疾患 皮膚/改善例 ブヘサブログ お店の紹介 ご相談について 取扱い漢方薬・商品 健康コラム 薬膳レシピ 漢方のFAQ
お客様の声
検索  
営業カレンダー

健康コラム 23/217

Vol.196 『冷えのぼせ』が起こるしくみとなかなか治らないワケ

以前、やたらと氷を食べたくなる「氷食症」について書いたところ、「まさに私のことです!」と予想以上の反響がありました。氷食症のベースには鉄分不足があることが多いのですが、必ずしも血液検査で貧血と出るとは限りません。立ちくらみ、爪が割れやすい、髪がぬけやすくパサつきやすい、生理の血が少ない、寝つきが悪く夢を多く見る―などの症状は血が足りない血虚(けっきょ)の状態です。血が足りないと冷えやすく、下が冷えて上が熱い『冷えのぼせ』の状態に陥りやすくなります。
空気も水も冷たいと下へ、温かいと上へいく性質がありますね。そのため、部屋の空気は循環させるし、古いお風呂はかき混ぜて温度を均一にしていました。人間の体も同様で、循環が悪いと下半身が冷たく、上半身は熱いので口が渇き、氷をバリバリ食べると気持ち良いのです。すると胃腸が冷え、下半身の血流が 悪くなります。そしてますます上半身がのぼせます。
通常の冷え性よりも「冷えのぼせ」のほうが積極的に冷えを助長させてしまうところが怖い点です。この悪循環を解消するためには、体の中もかき混ぜてあげなくてはいけません。

血液循環が良くない瘀血(おけつ)体質の人は特に冷えのぼせが起こります。人間の体は頭寒足熱の状態がベストなため、下は厚着・上は薄着で過ごすことや、運動で下半身を動かすことも良いでしょう。根本的には内臓機能を整えて血を作り、巡りを良くする体作りをすることが体質改善となります。

漢方基礎編
生薬について
子どもと漢方
皮膚について
婦人科について
頭痛,めまい,耳鳴り,難聴
鼻の症状,咳
食養生,薬膳
風邪,流感,花粉症
腰痛,神経痛,痺れ
冷え,低血圧,むくみ,ほてり
胃腸トラブル,便秘,痔
目のトラブル
季節の養生法
不妊
産後のトラブル・ケア
不眠,心のトラブル
生活習慣病
老化,尿トラブル
リビングかなざわへの質問
その他
お問い合せ・ご相談予約
各種ご相談は、お電話にてご予約頂ける他、当WEB サイトよりオンラインでのご予約をお申し込み頂けます。
お一人ひとり、より丁寧にお話しをお聞きするお時間を取りたいと思いますので、必ずご予約をお願いいたします。
また、初めてご予約される方はオンライン予約を受けつけておりませんので、お電話にてお問い合わせください。
カレンダーにてご案内致しておりますので、ご予約状況をご参考のうえ、ご予約ください。
076-288-3721
メール オンライン予約フォーム 営業時間 9:30〜18:30 /定休日 月曜、祝日、第2・4日曜日
© 2015 Buhesa Nakamura Kocyoudou. All Rights Reserved.