石川県で不妊症、生理痛、アトピー、ニキビなどでお困りの方は漢方相談の中村固腸堂(なかむらこちょうどう)まで。
明治初期より続く、漢方相談の専門店
漢方のチカラで、皆さまの健康を支えます
お問い合せ

ご相談予約
ご相談は必ずご予約をお願いいたします
初めての方はお電話でお問い合わせください
営業時間 9:30〜18:30 / 定休日 月曜、第2・4 日曜
石川県河北郡津幡町加賀爪ヌ58-2 津幡警察署すぐ
明治初期より続く、漢方相談の専門店
漢方のチカラで、皆さまの健康を支えます
お問い合せ

ご相談予約
ご相談は必ずご予約をお願いいたします
初めての方はお電話でお問い合わせください
営業時間 9:30〜18:30 / 定休日 月曜、第2・4 日曜
石川県河北郡津幡町加賀爪ヌ58-2 津幡警察署すぐ
HOME 不妊症 不妊症/体験談 皮膚疾患 皮膚/改善例 ブヘサブログ お店の紹介 ご相談について 取扱い漢方薬・商品 健康コラム 薬膳レシピ 漢方のFAQ
お客様の声
検索  
営業カレンダー

ブヘサブログ

2017.01.05 牡蠣の「殻」の知られざる効能。
2017.01.05 牡蠣の「殻」の知られざる効能。 2017.01.05 牡蠣の「殻」の知られざる効能。
明けましておめでとうございます。中村固腸堂は本日より営業しております。
本年もよろしくお願いいたします。

多少雨は降りましたが、今年も温かいお正月でしたね。

お正月には毎年旦那の実家から一斗缶に入ったたくさんの牡蠣をいただきます。
これが楽しみで楽しみで。

大きめのフライパンに牡蠣を殻ごと並べて、白ワインで蒸し煮して、ちょっと殻が口を開けてきたら、フォークなどを使ってこじ開けます。 ぷりっぷりの牡蠣にレモンを絞って食べます。 以前はそこまで牡蠣を特別視していなかったのですが、牡蠣は補血作用があり、血を増やす効果があることを知ってから好んで食べるようになり、いつの間にか好物になっていました。

中身を食べ終わった後にはたくさんの殻が捨てられるわけですが、いつもこれを見ながらもったいないなあと思います。

実は牡蠣の殻には非常によい薬効があり、漢方薬では殻のほうを生薬として用います。 生薬名は牡蠣とかいて「ボレイ」と呼びます。
「重鎮安神薬(じゅうちんあんじんやく)」に分類され、精神安定に非常によい効果があります。気持ちが安定せず、驚きやすかったり、びくびくしたり、焦燥感や不眠、多夢、動悸などによく、単独で使うよりは同じく精神安定作用のある竜骨、酸棗仁、遠志、夜交藤などと組み合わせて用います。

漢方では琥珀や真珠など宝石として用いられている鉱物類も漢方薬として用いられます。
牡蠣の殻やこれら鉱物は比重が重く、下にしずむ重い性質があるため、高ぶった精神の安定には植物生薬だけよりも力が高まりやすくなります。

その他、平肝潜陽(四肢のひきつり、ふるえ等の改善)や、収斂固渋(汗の出過ぎ、寝汗、遺精、夜尿、月経過多等の改善)、軟堅散結(しこり、肝腫、脾種、リンパ節腫などのできものを柔らかくし散らす)などの働きもあります。

代表的な処方に「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」「桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)」などがあります。前者は、興奮しやすく怒りっぽい人によいですね。後者は精神不安からくる夜尿症などにも使います。

牡蠣は性質的には冷やしますので、冷えの強いタイプには注意します。
殻をそのままボリボリ食べるということはなく、漢方の場合は殻を煎じます。時間がかかるので先煎といって先に煎じておきます。今では顆粒タイプの漢方薬が主なので、その場合はその過程を経て顆粒状になっています。
なかなかご家庭では普通の牡蠣の殻を活用はしにくいかもしれませんね。

牡蠣の殻には吸収率が高いと言われている炭酸カルシウムが豊富に含まれています。
イライラしていると「カルシウム不足だ!」とよく言われますが、カルシウムにはイライラや興奮を鎮める鎮静作用がありますから、牡蠣の殻が古来からそのような目的で使われていたことに対して科学的な裏付けもできますね。

漢方ってなんでも生薬として使うんですね、とよく驚かれますが、あらゆるものに薬効があります。それを見つけた人々もすごいですし、それが何千年前から分かっていたことも驚きですよね。

最近の記事

2017.05.27 ハーブ農園ぺザンさんとのコラボ『漢方茶』WOMEN編できました!
2017.05.25 トマト(西紅柿)の薬膳的効能
2017.04.14 化学物質過敏症
2017.03.30 ブヘサの固腸散 小説で発見
2017.03.28 本日の北陸朝日放送「2時はどきどき5ch」に出演します
2017.03.18 かかとがパックリひび割れし、歩くのも痛かった掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)が改善!
2017.03.02 ハーブ農園ぺザンさんとハーブ&漢方のお茶試作中
2017.02.28 北陸朝日放送 2時はどきどき5ch本日出演します
2017.02.02 「リビング金沢」幸せ漢方コラム。皆様のお陰で連載200回突入!!!
2017.01.05 牡蠣の「殻」の知られざる効能。

アーカイブ

2017年05月 ( 2 )
2017年04月 ( 1 )
2017年03月 ( 4 )
2017年02月 ( 2 )
2017年01月 ( 1 )
2016年12月 ( 4 )
2016年11月 ( 2 )
2016年10月 ( 4 )
2016年09月 ( 7 )
2016年08月 ( 6 )
2016年07月 ( 4 )
2016年06月 ( 8 )
2016年05月 ( 4 )
2016年04月 ( 4 )
2016年03月 ( 1 )
2016年02月 ( 2 )
2015年10月 ( 1 )
▶ 全記事一覧
お問い合せ・ご相談予約
各種ご相談は、お電話にてご予約頂ける他、当WEB サイトよりオンラインでのご予約をお申し込み頂けます。
お一人ひとり、より丁寧にお話しをお聞きするお時間を取りたいと思いますので、必ずご予約をお願いいたします。
また、初めてご予約される方はオンライン予約を受けつけておりませんので、お電話にてお問い合わせください。
カレンダーにてご案内致しておりますので、ご予約状況をご参考のうえ、ご予約ください。
076-288-3721
メール オンライン予約フォーム 営業時間 9:30〜18:30 /定休日 月曜、第2・4 日曜
© 2015 Buhesa Nakamura Kocyoudou. All Rights Reserved.